薬剤師の転職Dialy

【体験談】ドラッグストアでやる薬剤師の仕事の体験談

既婚者の友人が薬剤師で、ドラッグストアで働いています。以前は調剤薬局で働いていましたが、子供が出来て退職をして、再就職でドラッグストアを選んだようです。
ただ、再就職といってもパートで、週に5日、お昼の12時から17時まで働いています。
時給は1800円なので、他のパートと比べても高収入を稼げると思いますし、高い学費を払って大学に通わせてくれた両親に感謝していると聞きました。
ドラッグストアでどんな仕事をしているのかというともちろん、薬剤師なので薬を買いに来るお客さんに説明する仕事がほとんどですが、日用品やコスメなど棚に並べたり、雑用的な仕事もあるようです。
確かに、今のドラッグストアは、食料品や日用品、化粧品も買えるので便利だと思いますが、薬剤師の方は、調剤薬局よりも仕事が増えて大変だと思いました。
ただ、その分、調剤薬局よりも収入が多くなるようで、店長クラスになると年収600万円以上稼いでいる方もいます。調剤薬局は400万~500万円が一般的なので、薬剤師の転職でドラッグストアが人気となっている理由が分かります。
彼女は月に17万円以上稼いでいるので主婦のパートでこれだけ稼げる仕事は他にないと思いますし、医療系は比較的、高収入を稼げるようです。

薬剤師とは

薬剤師という職業を聞いたことがあるでしょうか。CMなどで、よく薬剤師と言われているのでおなじみの方も多いのでしょうね。他のどの職業と同じように、この職業に関しても、聞いたことはあるが、どの様な職業かご存じない人は多いのかも知れません。

薬剤師とは、薬剤全般に携わる国家資格です。いわゆる、医療従事者に該当します。医師や看護師など、さまざまな医療に従事する資格がありますが、薬剤師もその一つに含まれます。

薬剤師は国家資格と申し上げましたが、誰でもこの資格を取れるわけではありません。薬剤師になるためには、薬剤師を養成する学校に入らなければならないのです。薬剤師を養成する学校とは何かというと、大学の薬学部です。大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格する事で、晴れて薬剤師になれるのです。

薬剤師の仕事とは何でしょうか。薬剤師に於いて、一番ポピュラーなお仕事は「調剤」です。調剤とは、医師が発行した処方箋に基づいて、薬剤を取りそろえる業務のことです。簡単なお仕事の様に思いますが、現在の医学は高度に専門化し、高度に多様化しています。薬に関しても、様々なお薬があります。多種多様なお薬を把握し、適切に調剤する事はきわめて高度な専門的知識が必要です。

薬に関してのスペシャリスト、それが薬剤師です。

薬剤師の仕事について

薬剤師は医薬品全般について、幅広い知識を持つ「薬」の専門家です。薬局や医療機関で処方箋にもとずく調剤や患者への服薬説明を行う外、医療用医薬品から一般用医薬品まで全ての薬を販売したり、相談に乗ることができます。薬剤師は大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格して与えられる資格です。薬学部では有機化学や無機化学など化合物に関する基礎知識を始め、体内で薬がどのように作用するかといった知識、更には病気や治療についても学んでいます。日本は平成18年度からは、薬学部は6年生となっています。なお、薬局や医療機関で調剤に携わるだけでなく、学校での環境衛生管理や医薬品の研究開発や製造に関与している薬剤師もいるのです。また、小、中、高校生及び県民に対する「薬物乱用防止活動」、「禁煙運動の取り組み」、高齢者等における「薬の正しい使い方」などの啓発活動にも取り組んでいます。

薬剤師になるには?ですが、受験資格を得て薬剤師国家試験に合格しなければなりません。
受験資格は薬剤師法によって、平成18年の4月の大学入学者から、薬学の正規の課程のうち修業年限を
6年とする課程を卒業した者とされていますので、まず、大学の上記課程に進学することが必要となります。薬剤師国家試験は、例年3月に2日間の日程で実施されており、試験に合格すると申請により、厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、厚生労働大臣から薬剤師免許が与えられます。

子持ち薬剤師の再就職は働きやすさが第一条件!

薬剤師は資格職であり、転職や再就職が比較的容易な仕事といえるでしょう。

現に仕事や子育てを理由に仕事を退職した後、一段落してからあらためで再就職を探して仕事に復帰する薬剤師の方は多く、キャリアの中で仕事を離れていたブランク機関を持つ方も少なくありません。
他の職業に比べて場再就職の壁は低い物の、やはりある程度期間が相手からの再就職には難しい問題もあります。職場選びを間違えてしまうと、仕事と家庭の両立が困難になってしまいますし、満足いく仕事をすることができません。
一刻も早く仕事復帰をしたいからといって、焦って職場を決めてしまうのはNGです。より良い職場で長く働き続けたいのであれば、きちんと求人情報をチェックして、自分の希望条件に合致した職場を見つける必要があります。
薬剤師の再就職では、求人情報のどのようなポイントをチェックすれば、より良い職場が見つけられるのでしょうか。今回は、お子様がいる薬剤師の再就職について解説します。

家庭と仕事を両立できる勤務時間を

ブランク明けで再就職をする場合、最も重要なポイントになるのが勤務時間です。
薬剤師として責任ある仕事に就くことは非常にやりがいのあることではありますが、残業が増えたり休日が減ってしまったりと、必ずしも仕事と家庭の両立にいい影響を与えるわけではありません。特に小さいお子様を抱えて再就職をする場合、保育園や託児所のお迎えの時間に間に合うように働けることは、一番に考慮しなければいけないポイントでもあります。

託児システム整備の職場もアリ

最近は、薬剤師業界の慢性的な人手不足を解消する方法として、結婚や出産で仕事を辞めてしまった、いわゆる休眠薬剤師を活用しようという動きが業界を挙げて進められています。そのため、育児支援に本腰を入れて環境整備を進める職場も増えており、託児所のあっせんや独自の託児システムの整備、ベビーシッターの紹介など、子供を抱える薬剤師の方を採用するための環境整備を進めています。
すべての事業所で環境整備が進んでいるとはまだまだ言えない状況ですが、職場が子持ちの薬剤師に対して理解を示してくれるだけでも、格段に働きやすくなることは事実です。子育てと薬剤師の仕事の両立を考えるのであれば、育児支援の意識の高い職場を中心に検討してみることをお勧めします。
勤務時間と同様に、通勤時間や条件も大切なポイントです。自宅近くに託児所が無い場合、お子様をいったん託児所まで運んで預けてから勤務先に向かうことになります。ただでさえ余計な時間を使ってしまうことになるのに、通勤経路に満員電車が含まれていれば、小さなお子様を連れての通勤自体が難しくなってしまいます。
マイカー通勤OKの職場や、時差通勤でラッシュが回避できる職場など、職場への通勤時間だけではなく、子連れ通勤をサポートしてくれる労働条件を提示している求人をチェックしてください。

 
小さなお子様を抱えての再就職は大変なことも多いですが、子持ち薬剤師を積極的にサポートする取り組みは進められており、環境は着実に改善されています。給料や仕事内容は重要ですが、働きやすい職場を見つけることが安心して働くための第一歩になるでしょう。

Copyright © 2014 薬剤師の転職Dialy

Theme by Anders NorenUp ↑