ママにやさしい職場を探すなら

薬剤師は資格職であり、転職や再就職が比較的容易な仕事といえるでしょう。

現に仕事や子育てを理由に仕事を退職した後、一段落してからあらためで再就職を探して仕事に復帰する薬剤師の方は多く、キャリアの中で仕事を離れていたブランク機関を持つ方も少なくありません。
他の職業に比べて場再就職の壁は低い物の、やはりある程度期間が相手からの再就職には難しい問題もあります。職場選びを間違えてしまうと、仕事と家庭の両立が困難になってしまいますし、満足いく仕事をすることができません。
一刻も早く仕事復帰をしたいからといって、焦って職場を決めてしまうのはNGです。より良い職場で長く働き続けたいのであれば、きちんと求人情報をチェックして、自分の希望条件に合致した職場を見つける必要があります。
薬剤師の再就職では、求人情報のどのようなポイントをチェックすれば、より良い職場が見つけられるのでしょうか。今回は、お子様がいる薬剤師の再就職について解説します。

家庭と仕事を両立できる勤務時間を

ブランク明けで再就職をする場合、最も重要なポイントになるのが勤務時間です。
薬剤師として責任ある仕事に就くことは非常にやりがいのあることではありますが、残業が増えたり休日が減ってしまったりと、必ずしも仕事と家庭の両立にいい影響を与えるわけではありません。特に小さいお子様を抱えて再就職をする場合、保育園や託児所のお迎えの時間に間に合うように働けることは、一番に考慮しなければいけないポイントでもあります。

託児システム整備の職場もアリ

最近は、薬剤師業界の慢性的な人手不足を解消する方法として、結婚や出産で仕事を辞めてしまった、いわゆる休眠薬剤師を活用しようという動きが業界を挙げて進められています。そのため、育児支援に本腰を入れて環境整備を進める職場も増えており、託児所のあっせんや独自の託児システムの整備、ベビーシッターの紹介など、子供を抱える薬剤師の方を採用するための環境整備を進めています。
すべての事業所で環境整備が進んでいるとはまだまだ言えない状況ですが、職場が子持ちの薬剤師に対して理解を示してくれるだけでも、格段に働きやすくなることは事実です。子育てと薬剤師の仕事の両立を考えるのであれば、育児支援の意識の高い職場を中心に検討してみることをお勧めします。
勤務時間と同様に、通勤時間や条件も大切なポイントです。自宅近くに託児所が無い場合、お子様をいったん託児所まで運んで預けてから勤務先に向かうことになります。ただでさえ余計な時間を使ってしまうことになるのに、通勤経路に満員電車が含まれていれば、小さなお子様を連れての通勤自体が難しくなってしまいます。
マイカー通勤OKの職場や、時差通勤でラッシュが回避できる職場など、職場への通勤時間だけではなく、子連れ通勤をサポートしてくれる労働条件を提示している求人をチェックしてください。
小さなお子様を抱えての再就職は大変なことも多いですが、子持ち薬剤師を積極的にサポートする取り組みは進められており、環境は着実に改善されています。給料や仕事内容は重要ですが、働きやすい職場を見つけることが安心して働くための第一歩になるでしょう。

 

業界NO1の求人情報から見つける


 

特別待遇条件の求人アリ


パート薬剤師として働く場合のブラックな職場の見分け方